入間川News‎ > ‎

ファイル no 10 拍子木のような音の主は

2017/06/06 20:08 に 伊藤彰 が投稿   [ 2017/06/06 20:09 に更新しました ]
朝、
布団でまどろんでいると、いろいろな音が聞こえた。子どもの頃の事だ。キジバトの囀り、オナガの声、盛りの憑いたネコ。そのとき聞いた神社の拍子木のような音が河原で聞こえた。「これは鳥の声だったんだ・・・」普通ならなかなか姿は見られ無いものだが、今日は違った。赤と黄色の美しい鶏が梢で啼いている。コジュケイの声は本来は特徴的だ「ぴっちゅかほぃ・ぴっちゅかほい」よく啼きさしを真似たものだ。しかしこの音もコジュケイのものだったのだ。「カッカッ・カッカッ・カッカッ・・・」木立の奥の方で、誰かが拍子木を鳴らしているようだ。子どもの頃からこの音は、大国様の朝のお勤めの音とばかり想っていた。2017/06/07
Comments